古谷 葵 (Fruya Aoi)

1996  茨城県出身

2019  東京藝術大学美術学部 絵画科油画専攻 卒業

2021  東京藝術大学大学院美術研究科 絵画専攻壁画研究室修士課程 修了

作家ステートメント:

私にとって色彩は、感覚や移り変わる小さな感情の揺れと強く結びついています。

時間を共にしたものから感じる、ささやかで様々な気配が共鳴し、私の感じる色に繋がっています。

そのものが纏う表面の色に重なって、そのものが内から発する色が見えてくるのです。

そして、誰にでも、その人にしか感じ取ることのできない色があるはずだと思うのです。

 

       

主な個展:

2022    アートフェア東京 アフタービュー 展 (Gallery TK2)

    アートフェア東京 プレビュー 展 (Gallery TK2)

   「小さな縁側で」(Gallery TK2) 

2021 「そこの角を曲がって」(Gallery TK2)

 

主なグループ展、アートフェア出展:

2022  3331 ART FAIR (ARTS CHIYODA 3331/ Gallery TK2)

     SQUARE The Doublevol.15(フリュウ・ギャラリー)

         MATSUYA Contemporary Art Selection(松屋銀座/Gallery TK2)

     TSUKUBA AWARD OF ART 2022(スタジオ‘S・西部池袋本店)

     ART FAIR TOKYO 2022(東京国際フォーラム/Gallery TK2)

 

助成:

神山財団芸術支援プログラム 第6期生