Home > Events / Exhibitions > TakenagaLiyo

武永 リヨ 作品展 「虹のかかる空」

君を想う樹_h.jpg

家や仕事場において、物理的には自分の椅子が居場所となり、それの位置や形が記号のように、その人の人生とつながっている。
武永リヨの作品に描かれる椅子の配置や大きさで、そこに座るであろう人の存在を感じられる。 

武永 リヨ (Takenaga  Liyo)

​大阪府吹田市出身 

2005年 大阪芸術大学美術学科抽象コース卒業

〔武永リヨ 作品ステートメント〕

 

私の実家では食卓を囲む椅子は家族の人数分あり、

何となく誰がどこに座るのか決まっていました。

大学に通うために実家を離れたのですが、

長期休みで帰省した際、

私が座っていた椅子(席)が片付けられていました。

その体験から

「椅子(席)がある=その人がその場所に存在する・居場所がある」

と私の中で人と椅子が強く結び着きました。

それから、絵の中に人の代わりに、

人が居ることを表す記号として椅子を描き込むようになりました。

 椅子を描き込んだ絵を発表していくうちに、

ご覧になった方々からごたくさんの感想をいただきました。

例えば、椅子が横に2脚並んでいる絵でも

観る方のよってそこに「カップル」が存在するように見えたり、

「親友」や「姉妹」、「親子」であるように感じたりと

観る方の感覚や状況によって

絵の中の椅子が様々な役を担ってくれる事に気づかされました。

 椅子というモチーフ自体には性別も年齢もありません。

ただシンプルに「人の存在」を感じるアイテムだからこそ

ご覧になった方がそれぞれ、そこに感じたい誰かを見てくださる。

「二人でいると幸せだね」「一人の静かな時間もいいね」

「みんなで集まると楽しいね」

そんなコアになる要素だけを画面に大切に残して、

そこに誰がいるのかは観てくださる方にゆだね、

想像して感じてもらえる絵を目指しています。

 もともと私自身、人の多様性を尊重していきたいという

考え方を若い頃から持っていました。

型にはまった性別や年齢を明確に描かずに、

人と人との心の距離や関係性を表現できる椅子というモチーフに

日々、惹かれ、

もっともっと、椅子を使って色んな絵が描けるのではないかと

現在も描き続けています。

会  期   |  2020年7月29日(水)~8月9日(日) 入場無料

 

開場時間   |  水~金 12:00~19:30 

                   土日祝 12:00~18:00 最終日17:00まで 月火休廊

 

会  場   |  Gallery TK2

                   東京都中央区日本橋久松町4-6 杉山ビル4階

e-Mail      info@interart7.com

​TEL     03-3527-2226

都営新宿線馬喰横山駅 A3出口から2分

都営浅草線東日本橋駅 B2出口から3分

JR総武線快速馬喰町駅 1番出口から6分

メトロ日比谷線小伝馬町駅 1番出口から8分

map2.jpg

Gallery TK2

東京都中央区日本橋久松町4-6 杉山ビル4階

都営新宿線馬喰横山駅 A3出口から2分

都営浅草線東日本橋駅 B2出口から3分

JR総武線快速馬喰町駅 1番出口から6分

メトロ日比谷線小伝馬町駅 1番出口から8分

e-Mail     info@interart7.com

URL    http://www.interart7.com

TEL          03-3527-2226

  • Facebook Clean

株式会社インターアート7

〒103-0005  東京都中央区日本橋久松町4-6 杉山ビル4階

代表取締役:小林 貴

Tel,Fax  03-3527-2226

e-Mail      info@interart7.com

URL    http://www.interart7.com

Interart7, Inc.  

Sugiyama BLD. 4th 4-6, Nihonbashi-Hisamatsuchou, Chuo-ku, Tokyo, 103-0005, Japan

COO     Takashi Kobayashi

Tel,Fax    +81-(0)3-3527-2226

e-Mail      info@interart7.com

URL    http://www.interart7.com

- 東京都公安委員会   第303281408474号 -

© INTERART7. All rights reserved.